So-net無料ブログ作成
検索選択
 ◆市原市 ブログトップ

武蔵家直系 ぼうそう家@市原市八幡浦 [ ◆市原市]

「背中に『放課後ティータイム』とか書いちゃったりして・・・」。

201403CRMA846.jpg

つづきがあります


nice!(74)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

二代目らーめん処 まるは 旬@市原市五井金杉 [ ◆市原市]

また新しいメニューが(@_@;)・・・うれしいやら・・・(*^_^*)

1101まるは旬01.jpg

つづきがあります


nice!(44)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば伊達屋 千葉店@市原市五所 [ ◆市原市]

みつばの合うラーメンってそうそうないですよね^^

1008伊達屋01.jpg

つづきがあります


nice!(33)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あごいち@市原市八幡石塚 [ ◆市原市]

市原市は市原八幡高校の近くにできた新店です。

D1000711.jpg

あごいち醤油らーめん700円。

続きを読む


nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺屋むげん@市原市五井西 [ ◆市原市]

市原市五井西、国道127号線沿い(国道16号線に近いところ)に今年3月に開店した評判のお店です。
コンセプトは無化調、お年寄りからお子さんまで、毎日食べても大丈夫、千産千消(千葉県では地産地消をこう書き表します)です。
「むげん」という名前ですが、こちらの「むげん」とは関係ないようです。
木更津の「ながまた」の出身の店主さんらしいです。

20080904むげん01.jpg

秋みそ880円。

続きを読む


nice!(19)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

地鶏らーめんいち家@市原市松ケ島 [ ◆市原市]

今日は市原市、袖ケ浦市に来ています。それぞれ、地元の名店を巡るのが目的、ではなく、仕事です。
でも、せっかくの機会ですのでネットで良さげなお店を検討つけて訪問します。

まずはこちら、地鶏らーめん一家(いちや、と読むそうです)。

いただいたのは、のりチャーシューめん840円。

つづきがあります


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東東@市原市君塚[272] [ ◆市原市]

297号から市原市内へ。

今回もブログのお友達のお勧めの店を訪問です。

momichiさんの記事でみていたこのお店を探します。実は店の名前を忘れてしまって、携帯でmomichiさんのブログ記事をさかのぼって、ナビに入れてgo。我ながら「よくやるなぁ」です。

で、到着。実物のお店を見てちょっと不安。でも外観は、店の名は、情報どおり。車をお店のまん前にとめて降りると、窓からご主人と目が合います。ご主人(ニコッ)をみて不安。意を決して(オーバー)店に入って大いに不安。

壁のメニューから担々面(麺じゃないのね。みんな面になってまーす)780円を注文。

するとご主人、小皿を2つ差し出してくれます。「こっちはコンニャクと高菜の炒め、こっちは甘いので食後にどうぞ」。前者をいただくとこれがなかなか美味しい。

しばらくすると担々面が到着。おおっ、これは美味しいそう。

食べてみると胡麻の濃厚さと辛さがベストバランス。ひき肉たっぷり、モヤシに青菜。

「ご飯一杯召し上がります?担担麺にはご飯が合いますよ」とご主人。それは重々分かっているのですが、ご飯がほしくなる濃さのスープなのですが・・・こちら連食なので・・・「うーん、どうしようかな。今日はやめときます」とお断りして。

個人的には大好きな担担麺でした。

そうそう、デザートの小皿は甘い衣をまとったサツマイモでした。

momichiさん、ありがとう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめんかずさ@市原市光風台[271] [ ◆市原市]

今日は土曜日だけど午前中だけ大多喜で仕事。

帰り道にお昼です。
チャーシューめん800円。
自家製麺が美味しい。
甘めのスープも(好みは分かれるのかなとも思いますが)美味しい。
チャーシューも(脂身がやはり好みが分かれるかもですが)美味しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

八幡屋【市原市】味噌鰻麺 [ ◆市原市]


行って来ました、鰻からダシをとる和風ラーメンの店です。向かいが地元で有名な鰻屋の八幡屋で、そこのご子息が鰻の頭の部分を使ってダシをとっているそうです。
新作との表記のあった味噌700円を注文、娘と息子で和風つけ麺560円を、妻は何故かうな重1700円を注文。全てのメニューにデザート(マンゴープリン)がついていました。サイドメニューも充実していて春巻350円と餃子300円を追加。

味噌鰻麺ですが、さすが鰻からとったというだけあって魚とも動物ともどちらとも言えるような濃厚なダシが味噌に全然負けてません。子供の食べていた醤油味のつけ麺のスープを飲んでみましたが、こちらは醤油がダシに負けていると表現するのが適当というべきでしょうか、ベースのダシが強烈に主張しています。
というわけで、個人的には味噌が正解と感じました。いずれにしても、一度食べてみる価値は十分有りと感じました。


ちなみに、妻のうな重をつまみ食いしましたところ、かなり弾力のあるしっかりした身の鰻と甘口のタレ、古代米か五穀米か赤いご飯が特徴的でした。写真は撮ってませんが。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
 ◆市原市 ブログトップ